アルコール依存症治療の専門病棟を持つ東京都町田市の精神科専門病院

医療法人社団 正心会 よしの病院
  • 小
  • 中
  • 大
ホーム > 入院 > アルコール依存症専門治療:アルコール依存症とは?

アルコール依存症専門治療

アルコール依存症とは?

アルコール依存症を理解しましょう

アルコール依存症という病気は、お酒の飲み方が通常とは違う飲み方になってしまった、といった単純な「モラル」の問題ではありません。「アルコール」という合法的な依存性のある薬物を長期間大量に摂取することにより、コントロールして飲酒ができなくなる病気です。

近年、脳の生理学の進歩により脳の中に「報酬系」という経路がつくられることがわかってきました。「報酬系」はお酒だけではなく麻薬や覚醒剤等の薬物でも脳内に作られ、これらを総称して「依存性物質」と呼んでいます。
「報酬系」が脳内につくられることにより、「精神依存」という状態ができ、お酒が飲みたいという強い欲求が出現するのです。仮に、しばらく断酒した後に少しでも飲酒すると、脳内の報酬系を活性化して、もっとお酒を飲みたいという飲酒欲求が強く現れ、自分の意思ではお酒の量も回数もコントロールすることが出来なくなるのです。一日に1~2合のお酒にしようと思ってもやがてコントロール不能に陥ります。これらは脳の生理学的問題により節酒ができないのです。よってアルコール依存症から立ち直るためには、完全な断酒を続けるしか方法がありません。

アルコール依存症は、慢性で、進行性の病気です。
慢性ですから、完治することはありません。でも、回復は可能な病気です。
進行性ですから、ほっておいては良くなることはありません。治療が必要です。
アルコール依存症になった場合、二つの道を選択できます。
ひとつは、今までと同じように飲酒を続け破滅への道を選ぶか、もうひとつは、断酒して健康な「しらふ」の道を選ぶことです。 どちらの道を選ぶかは患者様ご自身が決定するしかありません。

医療法人社団 正心会 よしの病院

〒194-0203
東京都町田市図師町2252
☎ 042-791-0734
神奈川中央交通バス:小田急町田駅西口 西友前より約20分
神奈川中央交通バス:JR淵野辺駅北口より約20分
京王バス:京王多摩センター駅 小田急多摩センター駅より約20分
http://www.yoshinohp.com/
アルコール依存症治療の専門病棟を持つ東京都町田市の精神科専門病院
Copyright ® 2015 YOSHINO HOSPITAL All Right Reserved